今日はジャグアでアンクとホルスの目

アンク☥

「生命」を意味するヒエログリフで、 神の標識。

ホルスの目

古代エジプトでは非常に古くから、太陽は、ハヤブサの姿あるいは頭部を持つ天空神の両目(「ホルスの目」)だと考えられてきた。

やがて二つの目は区別され、左目(「ウアジェト(ウジャト)の目」)は月の象徴、右目(「ラーの目」)は太陽の象徴とされた。